1日に出るウンチの量は平均150グラム

排便量には個人差が有りますが1日当たりの平均的な排便量は日本人の場合、150gから200gとされています。

ただ、たくさん食事をする人は、小食の人よりもウンチの量は多くなります。

また、食事内容によっても排便量は変わります。

野菜を多く食べる人は排便量が多く野菜を食べずに肉類中心に食べる人は便の量は少なくなります。

食物繊維は不溶性の場合は消化吸収されずに大腸まで届きうんちのもとになります。

また、水分を吸収するとふくらむので食物繊維の摂取量が多いと排便量も多く軟らかいウンチが出ます。

欧米人は、肉類中心の食生活をおくっていますが排便量は日本人平均に比べると少なく1日80gから120gとされています。

穀類、豆類、イモが主食になるアフリカや南米の人は1日で300gから400g出ると言うので驚きです。

おなかに良い食生活とは肉類中心よりも肉や魚と一緒に食物繊維などをバランスよく取り入れる方が健康に良いとされています。

うんちの形や硬さ種類で健康チェック

硬さや形は、うんちに含まれる水分の量で変わってきます。

健康なうんちには70~80%の水分が含まれています。

理想的なバナナ型や練り歯磨き粉くらいの硬さでとぐろを巻くようなら健康的です。

水分がそれ以上になると、軟らかめの泥型、水分が90%以上になると下痢便になります。

70%以下だと便秘か便秘気味の状態で小さな石ころのようなコロコロ型のうんちになります。

一般的には、便秘の時はコロコロ型になりますが便秘が続いて腸のバランスが悪くなるとコロコロ型と下痢便が同時に出ることもあります。

便をチェックすることは健康観察と同じと言われるほど、便は健康状態を表しています。

便の色によって体内の異常も発見できるほどです。

そして形状でもさまざまなことが判断できます。

形状と健康状態の関係をまとめました。

ぷりぷり元気うんち

バナナ型の便

半ねりの粘土状とも言われています。

さらに色が茶褐色から黄土色の範囲であれば健康な状態と判断されます。

色・・・黄土色
形・・・バナナのような形状で2~3本
量・・・200g~300g
ニオイ・・・普通
硬さ・・・ねんど程度の硬さ
ポイント!現状維持

ひょろひょろうんち

軟らかくひょろひょろっとした細い便も正常とは言えません。

水分の取りすぎや消化不良、ストレス性の便秘などが考えられます。

色・・・黒ずんだ赤茶色か黒
形・・・切れ切れしてよわとわしく細い
量・・・少ない
ニオイ・・・ツンと鼻にくる臭い
硬さ・・・ハンドクリームのような硬さ
ポイント!
・腸内環境の改善
・排便力の改善
・食物繊維をとる
原因:腹筋が弱いか、ダイエットなどによる食物不足。

かちかちうんち

コロコロと小さな便がいくつも出るので、まるでヤギのフン、ウサギのフンと表現されます。

便の水分量が少ない状態なので、このタイプも便秘の方に多いです。

色・・・黒ずんだ赤茶色か茶色
形・・・うさぎやヤギのフンのような形
量・・・少ない
ニオイ・・・とてもクサイ
硬さ・・・ガチガチ
ポイント!
・腸内環境の改善
・水分を多めにとりましょう
・食物繊維をとる
原因:腸が水分を吸収しすぎています。

カチカチの便

見るからに硬そうな便や、短く太い形をしています。

便秘の時に多い便です。便秘になると腸内に長い時間とどまっているので便の水分が吸収されてしまいます。

硬く太いので排便もしにくく、便秘の悪化や切れ痔になりやすくなります。

ドロドロうんち

色・・・黒ずんだ褐色か黒
形・・・水分が多い、泥上のうんち
量・・・200cc前後
ニオイ・・・きつくてくさい
硬さ・・・泥のような感じ
・体を休める
・腸内環境の改善と長引くようならお医者さんにみてもらいましょう
・食物繊維をとる
原因:大腸で十分に水分が吸収できてません

びしゃびしゃうんち

色・・・黄土色~褐色
形・・・水分が多い、泥上のうんち
量・・・カップ3杯分程度
ニオイ・・・非常にくさい
硬さ・・・ほとんど水状
・体を休める
・腸内環境の改善と長引くようならお医者さんにみてもらいましょう
・高脂肪の食品は避け食物繊維をとる
原因:大腸で十分に水分が吸収できてません
ストレスや暴飲暴食が原因かもしれません。

まとめ

形は見るからに判断することができますが、軟らかさは判断しにくいですね。

健康と言われる半ねりの粘土やバナナほどの軟らかさなのか・・。

排便するときの感覚やトイレットペーパーで便を拭いた時でも判断できます。

便が柔らかすぎると肛門にべったりつくことありますね。何度も何度もトイレットペーパーで拭き取ることになります。

するっとスッキリ排泄できる時や、便があまりつかない時は理想的な硬さです。

毎日チェックをしていると体の不調にすぐ気づくことができますよ。