便の色と健康 赤色の時 原因と考えられる病気・対策

便は健康のバロメーターと言われるほど、その人の健康状態を判断することができます。

便の硬さや形、色などは健康状態によって左右されます。

身体の中の異常や、バランスの崩れている状態が便によって表れるからです。

一般的な便の色は茶褐色から黄土色で、バナナの形状をした便は健康状態が良好とよく言われていますね。

では赤色の便が出てしまった場合、どんなことが考えられるのでしょうか?

赤色の便で考えられるのは血液が混じっている可能性です。

血便の場合、血液が混じる箇所によって色が変わります。

血液が酸に触れたり分解されることで血液は黒く変色します。そのため黒ずんだ便の場合は口から近い箇所での出血が考えられます。

赤い便とは排出される直前に血液が混じっているので、肛門に近い部位の出血の可能性が高いです。

痔による出血がもっとも多いケースです。

痔なら当然痛みがありますし、排便後に肛門のまわりがヒリヒリ痛みを感じるのでわかりやすいですが、それほど痛みを感じないが赤色の便の場合は注意が必要です。

ほかにも大腸による出血も考えられますので、大腸ポリープや大腸炎、大腸がんや直腸がんの可能性があります。

まれに食べた物が原因の場合もありますが、何日も続くようでしたら、出血している可能性がありますので早めの受診をおすすめします。

どんな病気でも早期発見が病気を進行させない最善の方法です。

身体の不調にすぐ気づけるように、日ごろから便での健康チェックを心がけたいですね。