便の色と健康 緑色の時 原因と考えられる病気・対策

色や形状で健康状態を表すといわれる便ですが、緑色の場合は何か問題があるのでしょうか?

通常の便の色とは茶褐色や黄土色というのが思い浮かびますが、これは健康状態に問題のない時の色になります。

それが緑色なら普段とはあまりにも違うのですぐに気づくことができますが、普段より緑色っぽい便とは割りとよく起こります。

緑色の便は胆汁の酸化が原因の場合が多いです。

胆汁とは肝臓で作られる消化液のことで、ビタミンの消化や吸収を助けます。

そして胆汁が便に色をつけているのです。

胆汁に含まれる物質(ビリルビン)が空気に触れると酸化して緑色になります。

このビリルビンは十二指腸で分泌され、大腸でまた吸収されます。

腸の活動を弱まっていると吸収の量が減りビリルビンが残った状態になり、大腸内の空気に触れることで酸化し、緑色になるのです。

要するに、正常な状態より腸が弱まっている可能性があるのです。

また、赤ちゃんにはよく見られる症状なので、オムツ替えをするお母さんが驚いて慌ててしまうというのもよく聞く話です。

ですが、緑色の便にも病気の可能性は潜んでいます。

考えられるのは黄疸や溶血性貧血です。体の異常が起き赤血球が破壊されると胆汁が出すぎてしまいます。肝臓は赤血球をビリルビンに変えるので過剰に増えたビリルリンは腸で吸収できずにそのまま緑色の便となります。

緑色の便と共に、身体がだるかったり肌の色が黄色っぽいという症状が表れたら病院を受診することをおすすめします。