便の色と健康 黒色の時 原因と考えられる病気・対策

便の色や形状によって、その人の健康状態がわかると言われています。

便の色を思い浮かべると茶色の便ですね。

細かく色の範囲で分けると黄土色から茶褐色の便の色は健康状態が良好と判断できます。

便の色にも白色や緑色、赤色など病気によって色は変化しますが、黒い色の便が出た場合はそれほど心配にならないのではないでしょうか。

真っ黒な便が出れば不気味ですね。黒色の便が出た場合は何らかの異常があります。

すぐに気が付きますし、心配になるでしょうが、いつもより黒っぽい便というのは体質によっては割と良くあることです。

黒っぽい便が出る原因としては便秘やお肉ばかり食べる食生活が考えられます。

便秘になると便が腸内に長く留まることになり、腐敗します。そして悪玉菌も増加するので便を黒く硬く変化させます。

そして肉ばかり食べているとたんぱく質や脂質を取りすぎるので消化機能が正常に働かなくなります。

便に色をつける胆汁も機能しなくなり便を黒くしてしまうのです。

便の色が黄土色から茶褐色の範囲を超えて黒いと感じているのなら、運動や乳酸菌・繊維質の多いものを食べるなど便通を良くする事や、バランスの取れた食生活に見直すための意識が必要ですよ。

黒い便は病気の可能性があります。便が黒いのは血液の混入が考えられます。

黒く変色した血液は胃などの段階で出血している可能性があります。

食道がんや胃潰瘍、食道ポリープや胃ポリープが考えられるので、早急に受診することをおすすめします。