うんちは、健康のバロメータとも呼べます。

下記の表を見て、自分のうんちと比較してみてください。

便の色は、食べ物や胆汁によって微妙に変化します。

米や麺などの炭水化物を多くとれば黄色っぽくなり肉食が多くなれば褐色、脂っこい物を食べ過ぎると黄色い半練り状の便が出ます。

中高年の人で黄色く軟らかい便が毎日出るようなら脂肪は控えめにした方が良いとされています。

緑色の便が出るときは、緑黄野菜の食べ過ぎか消化不良が原因です。

便の色で危険を知らせるサインは赤い便、白い便、黒い便です。

腸の下部から出血すると便の表面に血液が付着して赤い便となります。

痔の他、食中毒や赤痢、潰瘍性大腸炎などがその原因です。

痔以外なら発熱や痛み、粘液便などを伴うことが多いようです。

黒いコールタールのような便は、大腸の上部、小腸、十二指腸、胃からの出血が考えられます更に、粘液やうみが混じっているようならがん性の疾患の場合もあるので注意が必要です。

白色ないし灰白色の便は、胆汁が出ない、つまり黄疸のサインです。

脂肪の取り過ぎによる消化不良や牛乳の飲み過ぎでも白い便は出ますが毎日続くようなら黄疸の疑いがあります。

うんちの色と健康状態

うんちの色が黄金色・黄土色(便の色 黄金色・黄土色)

理想的なうんちは、黄金色・黄土色です。

黄褐色であれば健康状態にあると言えます。

幅広く言えば、茶色であれば問題はありません。

赤ちゃんのウンチは理想的な黄金色に近く、加齢とともに茶色に近くなり老人になると濃い茶褐色になります。

赤ちゃんの腸内にはビフィズス菌が多く含まれ、乳の中の乳糖を分解し腸内は弱酸性に保たれます。

これが、赤ちゃんのうんちが黄色い理由です。

逆に老人の腸内にはビフィズス菌が少ないので脂肪分を摂り過ぎたりすると消化するために分泌される胆汁の量が多くなるためウンチの色は濃くなり、腸内はアルカリ性になります。

また、食生活によってもうんちの色は変わります。

肉類中心で脂肪の多い生活では、濃い茶色野菜中心の生活では黄土色になります。

心配なのは、赤っぽい便や黒っぽい便が出る場合です。

うんちに血液が混じっている場合は食中毒や肛門、痔やポリープ、ガンなどの可能性もあります。

胃や腸の上部で出血を起こしている場合は血液が酸化して黒っぽいうんちになります。

胃潰瘍や十二指腸潰瘍、胃がんなどの病気が疑われます。

ただし、慢性的な便秘の時もうんちは黒くなるので色だけではなく硬さや便の出る頻度などの確認も大切です。

また、白いウンチは肝臓や胆のうの病気緑色の下痢は急性腸炎や食中毒の心配が有ります。

ウンチの色が赤・黒・白・緑の場合は注意が必要です。

うんちの色が白い(便の色 白)

うんちは通常肝臓で生成される黄褐色でアルカリ性の胆汁によって黄土色のうんちの色になります。

うんちの色が白い場合は肝臓から出る胆汁がなんらかの理由で ウンチに混ざらないことが考えられます。

おう吐や下痢、発熱をともなう場合はロタウィルス感染である可能性が考えられます。

また、先天性胆道閉鎖症でもうんちの色が白くなるようです。

肝臓から腸に胆汁を送る管が生まれつき塞がっていたり、管自体がない場合におこるとされています。

白いウンチをしたら、すぐにお医者さんに行かれることをお勧め致します。

うんちの色が緑色(便の色 緑)

うんちの色は、胆汁によって黄土色の色付けがされます。

胆汁の中に含まれるビリルビンが酸化すると、うんちの色は緑色~深緑色になります。

うんちが緑色になるのは、赤ちゃんによく起こる症状のようですが大人にも起こるようです。

ミルクを飲んでいる赤ちゃんに起こりやすいと言われています。

大人でも、小腸や大腸の働きが鈍くなっていて、胆汁が大腸で再吸収されないと、 酸化が進み、うんちが緑色になることがあるようです。

原因として暴飲暴食などで小腸や大腸が炎症を起こすと、 胆汁が大腸から吸収されにくくなり、酸化して緑色のうんちになるそうです。

また、緑黄色野菜の食べ過ぎや葉緑素のとりすぎでも、緑色のうんちになる ことがあります。

葉緑素は、緑色をした胃腸薬に含まれていることも多く、 胃腸薬の服用が葉緑素のとりすぎにつながり、緑色になるケースもあります。

ただ、病気によっても緑色になる可能性があるので注意が必要です。

肝臓の機能が正常に働いていない場合、胆汁の血中濃度が高くなり、 黄疸を引き起こすことがありますがこの時便の色が緑色になる時が有ります。

胆汁に含まれるビリルビンが 酸化したために起こるとされています。

緑の便は黄疸が原因の場合もあることは覚えておいたほうが良いでしょう。

黄疸が起こっている場合は、医師の診察を受けるようにしましょう。

うんちの色が赤い(便の色 赤)

赤は危険信号の赤で、赤いうんちが出たら注意をしましょう!

便に血が混ざって赤くなっている可能性があります。

可能性として痔、大腸ポリープ、大腸がん、直腸がん、大腸炎といった、病気が考えられます。

便に血が混ざると言う事は口から肛門まで、便が通る道程で出血があれば便に血が混ざる原因となります。

血便は出血した場所により赤色の濃さや色調が変わるのが特徴です。

口、のど、胃など肛門から遠い部位からの出血は血が大腸を通る時に腸内細菌が分解し、黒に変色した赤黒い色に変色します。

肛門近い腸、例えば結腸や肛門から出血している場合、腸内細菌に分解されないで肛門から出てるため血液の変色が無く鮮やかの赤い血便となります。

肛門付近での出血

痔であることが多く、便秘の人に多い病気です。

これは、固い便が出た時に肛門が傷ついて裂けてしまったり炎症を起こしたりすることで起こります。

便が体の外に出ていく時に便の表面に血が付くので、鮮やかな赤色になるのが特徴です。

腸内での出血

大腸ポリープ、大腸がん、大腸炎、直腸がんの場合は、出血が少量であることが多く、健康診断の検便で潜血反応が出て初めて気づくことが多いのです。

特徴は、便に粘液が一緒に付くことが多くいつもと違う事に気づくこともあるかもしれません。

うんちの色が黒い(便の色 黒)

便の色が黒い場合は、便秘による変色か、重度の血便により黒になることがあるので注意が必要です。

便秘気味の人は、固くて黒い便が出ることが多く、放置してしまい重大な病気を見逃すことがるので注意しましょう。

重度の血便により、便が黒くなる場合は体内の出血が酸化して色が黒くなることがあります。

傷口から出たばかりの血液は鮮やかな赤色ですが時間が経つと黒っぽく変色しますが同じことが便に付着した血液でも起こります。

原因が血便だった場合は、喉や胃から出血し、胃酸により酸化し黒く変色したと考えることができます。

ウンチの臭いと健康状態

うんちが臭い、ウンチの悪臭が気になったことはありませんか?

このうんちの臭いの原因はインドールやスカトールなど腐敗物質が原因であるとされています。

この物質は腸内細菌の中でもお腹で悪さをする悪玉菌が原因であるとされています。

腸内の細菌バランスは人体に有益な善玉菌と悪さをする悪玉菌のバランスで成り立っていますがこの悪玉菌が優勢になっている可能性がございます。

うんちの臭いが気になったらうんちチェックをして見ることをおすすめいたします。

健康状態にある場合は、あまり臭いはありません。

便秘で腸内にウンチが留まっていると、腸内でうんちが腐敗して臭くなります。

ストレスや過労の時もウンチは臭くなります。

抗生物質などを飲用している時も、臭いがきつくなったり独特の臭いを発することがあります。

また、肉類をたくさん食べたり、にらやにんにくなどを食べた後も便の臭いはきつくなります。

うんちのにおいGood !

においはありますが、我慢できる程度。刺激臭はなく2~3分でなれる程度。

健康的なうんち、うんこです。現状を維持して良い快便ライフを過ごしましょう。

うんちのにおいBad !

我慢できないにおい。刺激臭もあり時間が過ぎてもなれない。

腸内の悪玉菌が住みやすい環境になり、代謝物であるアンモニア等のくさいにおいの物質を出しています。

悪玉菌が作り出す硫化水素、スカトール、インドールなどの有害物質が、腸内細菌の作り出すガスとくっつくと臭いにおいを発するようになります。

この臭いはは血液中に取り込まれ、全身を巡ってしまい気がつかないうちに体臭がきつくなると言われています。

うんちが教える危険な病気

便の色 緑色

水様  :急性腸炎、暴飲暴食、アルカリ性下痢
泥状  :溶血性黄疸、急性腸炎
半ねり状:野菜の食べ過ぎ、消化不良
バナナ状:健康(野菜の食べ過ぎ)
カチカチ・コロコロ:便秘

便の色 赤色

水様  :赤痢、コレラ、食中毒、潰瘍性大腸炎、虚血性大腸炎、直腸がん、ポリープ、痔
泥状  :大腸ガン、潰瘍性大腸炎
半ねり状:下剤の服用、赤い香辛料や着色料の食べ過ぎ
バナナ状:下剤、着色料の影響、直腸がん
カチカチ・コロコロ:痔、直腸がん

便の色 黒色

水様  :胃、十二指腸、小腸からの出血
泥状  :胃、十二指腸、小腸からの出血、下痢止めの服用、造血剤の服用
半ねり状:胃・十二指腸潰瘍の初期、造血剤の服用
バナナ状:胃腸からの出血、造血剤の服用、便秘
カチカチ・コロコロ:出血、薬の副作用、便秘

便の色 茶色・黄土色

水様  :暴飲暴食、冷えなどによる下痢
泥状  :過敏性腸症候群による下痢、乳糖不耐症、内分泌疾患
半ねり状:健康
バナナ状:健康
カチカチ・コロコロ:便秘

便の色 灰白色

水様  :腸結核、膵臓ガン、乳児は白色便性下痢症、閉塞性黄疸
泥状  :脂肪の消化不良、膵臓の疾患
半ねり状:胃薬、下痢止め服用の副作用
バナナ状:肝臓病、胆石症、胆道がん
カチカチ・コロコロ:バリウムの服用

便(うんち)の色 黄土色~茶褐色

便の色を見ることで、その方の健康状態がわかると言われますね。 色にもいくつかありますが、黄土色から茶褐色の便に・・・

便(うんち)の白色

便の色と健康 白色の時 原因と考えられる病気・対策 便の色や形状を見ればその人の健康状態がわかるとも言われてい・・・

便(うんち)の緑色

便の色と健康 緑色の時 原因と考えられる病気・対策 色や形状で健康状態を表すといわれる便ですが、緑色の場合は何・・・

便(うんち)の色が赤色

便の色と健康 赤色の時 原因と考えられる病気・対策 便は健康のバロメーターと言われるほど、その人の健康状態を判・・・

便(うんち)の色が黒色

便の色と健康 黒色の時 原因と考えられる病気・対策 便の色や形状によって、その人の健康状態がわかると言われてい・・・