moon

宇宙船での
うんちってどうなっているのいでしょうか?

初期の宇宙飛行士は
オムツのようなものを利用していたそうです。

その後アメリカのジェミニ7号で、
各自が排便後屎尿をビニール袋につめていました。

そして
ある時ビニール袋が破れ、
屎尿がこぼれ無重力の宇宙船内で
屎尿をこぼしてしまったそうです。

宇宙飛行士は地上での記者会見で、
「屎尿は金色の霧のような状態で船内に漂い、
息をするたびに口から、
鼻から体内にすいこまれました。

私たちは2週間、トイレの中で暮らした気分でした。」
と語ったようです。

その後失敗経験を踏まえ、
宇宙船のトイレは改良されました。

最近のスペースシャトルのトイレは男女兼用で、
洋式(椅子式)便器のような形で両サイドに握り手があり、
ここをつかんで排便します。

もしこの握り手をつかまなければ
屎尿や屁を出した反力で体が飛び上がり、
天井に激突するかもしれません。

また屎尿は排便排尿後、
電気掃除機のようなもので、
別々の吸い込み口(小便は便器の前の部分にある吸い込み口から、
大便は便器中央部分にある吸い込み口)
から吸い込まれるようになっています。

スペースシャトルのトイレは、
大小便が別々のタンクに溜められているので、
後処理がしやすいようです。