発電

うんちのエネルギーで発電するプラントがあり、これをバイオマス発電と言います。

バイオマスエネルギーは薪や木炭として人類が大昔から利用してきたエネルギーで、木屑、食品廃棄物、畜産廃棄物などそのままでは産業廃棄物となってしまうものを、木質ペレット、メタノール、メタンなどに加工することで燃料としての貯蔵や運搬、燃焼を容易にして発電に有効利用する技術が開発されてきました。

化石燃料の消費を抑える一方、バイオマスによるエネルギー消費と植物育成のバランスを保てば大気中のCO2増加につながらないため、今、環境にやさしいエネルギーとして注目されています。

この廃棄物エネルギーを有効利用し、焼却処理する際に発生する熱を利用して、電気エネルギーを得る設備のことです。

良く知られているバイオマス発電は豚や牛のうんちをバキュームカーで集めて、微生物で発酵させガスを取り出し、取り出したバイオガスを燃焼させ、発電し、エネルギーを回収します。

化石燃料の枯渇が心配される今有望なエネルギーとして注目されています。

その他、下水処理場では、汚泥消化施設から出るメタンガスを使っての発電、汚泥焼却炉廃熱による発電や冷暖房への利用も行われています。