カフェ

コピ・ルアクと呼ばれるコーヒーがあります。

これは、インドネシアのジャコウネコのうんちからとられる未消化のコーヒー豆を指します。

インドネシアのコーヒー農園ではロブスタ種のコーヒーノキが栽培されており、その熟した果実は、しばしば野生のマレージャコウネコに餌として狙われています。

しかし、果肉は栄養源となるが、種子にあたるコーヒー豆は消化されずにそのまま排泄されるので、現地の農民はその糞を探して、中からコーヒー豆を取り出し、きれいに洗浄し、よく乾燥させた後、高温で焙煎します。

独特な香りを持ち産出量が少ない為大変高価な物です。

独特の複雑な香味を持つと言われており、煎り過ぎて香りが飛ばないように、浅煎りで飲むのがよいとされています。

世界で最も高価なコーヒーで500gで500$で取引がされていると言われています。

ジャコウネコの腸内で消化酵素や腸内細菌の発酵でコーヒーに独特な香味が加わるとされています。