食べ物がウンチとなり排泄されるまでの道のりは、口から食道、胃、小腸、大腸を消化されながら通過して肛門に到達する総延長約9メートルにも及ぶ長い道のりです。

また、便となって排泄されるまでの時間は健康な人で24時間~72時間もかかるのです。

その長い道のりの中で消化・吸収・排泄がおこなわれ人間の営みを支えているのです。

体の部分

排便までの道のり その1

食べ物は歯で細かく砕かれます。

細かく砕かれた食べ物は唾液と混ざりあいます。
唾液の中にはアミラーゼと言う消化酵素が含まれていて
この酵素の働きにより消化され吸収しやすくなるのです。

大きいままで食べ物を飲み込むと胃の負担になったり
腸の方で悪玉菌のエサになってしまったりします。

飲みやすくなった食べ物は食道を通り胃に運ばれます。

排便までの道のり その2

食べ物を溶かします。

食べ物は胃に運ばれ、ペプシンと言う消化酵素を含む胃液によって
タンパク質の一部が分解され、人体に消化吸収されます。

胃液は強い酸なので
その(胃液)強酸性で消化を助けバイ菌などを殺菌します。

そのため、人間は少々の雑菌を食べても
食中毒などを起こさないのです。

排便までの道のり その3

十二指腸

十二指腸・・・胃で溶けない脂分などを溶かします。

十二指腸で分泌される様々な消化酵素

(胆汁)界面活性剤として脂分等を乳化して小腸で消化しやすいようにします。

(膵液)膵臓で分泌される消化液で十二指腸へ送られる。

などの働きにより食べ物は更に消化されドロドロになります。

排便までの道のり その4

小腸

小腸・・・消化管の一部で消化・吸収が行われ栄養は様々な体内器官へ送られます。

小腸は、十二指腸から空腸、回腸からなる約6~7メートルの長い消化管で

腹部の中にまわるように収納されています。

この小腸の粘膜の表面には、じゅうもう、という突起で覆われています。

そして、その細胞膜から分泌される消化酵素によって食べ物は消化されるのです。

以上のように、消化は小腸で完了します。

消化と同時に栄養素は細胞膜へ摂りこまれ吸収されます。

栄養素の大部分は、小腸の通過中に吸収されます。

排便までの道のり その5

大腸

食後5時間前後で、食べた物は大腸に到達します。

大腸では小腸で吸収されなかった水分や無機質の吸収を行って便を形成します。

大腸は大きく分けると、盲腸、結腸、直腸の三つの部分からなります。

消化された食べ物は結腸に到達すると時速10cmの速度でゆっくり進みます。

結腸には上行結腸、下行結腸、S状結腸があります。

上行結腸に入った食べ物は、水分が含まれた液体の状態ですがこれが下行結腸へ進む間に水分が吸収され、半流動体になりS状結腸を通るころには固まりだし、直腸に到達することには私たちがうんちと言う便が出来上がるのです。

また、細菌による食物繊維の発酵も行われます。

乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌が消化吸収と栄養補給を助けます。

排便までの道のり その5

直腸

直腸・・・水分を吸収しうんちの保管と形を整えます。

排便までの道のり その6

肛門

肛門・・・うんちの出口。