便秘の症状を抱えているのは男性よりも圧倒的に女性の方が多いです。

たまにお通じが無いという程度ならまだしも頻繁に数日もお通じが無いという人や、便秘薬が無いと無理だという人まで様々です。

女性の便秘について、原因や対処法について考えてみましょう。

女性はホルモンも関係しています

女性の便秘では生理が始まる半月前ぐらいに黄体ホルモンが多く分泌されるのですが、この時月経前症候群の症状の1つとして便秘の症状が出る女性がいます。

黄体ホルモンが多く出ることで流産しにくくなるように体が準備するのですが、この時に大腸の働きが活発ではなくなるからです。

運動不足

女性は体つきで考えても腹筋が発達している人は少ないですよね。

腹筋は腸のぜん動運動にも関係しているといわれています。

ですが改善方法として激しい運動をする必要はありません。

寝る前に軽くストレッチをしたり、お腹の腹式呼吸をするようにといった毎日出来る方法で腹筋を鍛えていくのがおすすめです。

お腹の腹式呼吸は鼻からお腹が膨らむように息を吸い込みつつ息を止めます。

その後、ゆっくりと時間をかけて口から吐き出すという方法です。

テレビを見ながらでも出来るので続けやすい方法で実践してみましょう。

一緒にお腹を「の」の字を書くマッサージをするのもお勧めです。

トイレのタイミングが合わない

よくトイレに行きたい時に限って行けない状況だったという事はよくあります。

ですが、便意を我慢してしまう事が続くと便秘になりやすくなってしまうのです。

出来れば後々便秘になると大変なのでトイレに行きたいと思ったら我慢しないようにしましょう。

ダイエットをしている

ダイエットをしていることで充分な栄養や食物繊維を摂る事が出来なくなり、当然、食事量が減ってしまいます。

水分量も少なくなりがちと便秘になりやすい条件が揃ってしまうので注意が必要です。

食事は野菜や果物を多めに摂る、特にきのこ類やごぼうなどの不溶性食物繊維と他の野菜、果物に含まれている水溶性食物繊維をバランスよく摂取するようにしましょう。

野菜、果物を多めに食べることでカロリーダウンにもつながりますし、ビタミン、ミネラルも摂取できるようになります。

おすすめはヨーグルトに果物を入れたり、オリゴ糖をかけて食べる方法です。

ヘルシーだし、低カロリー、乳酸菌も一緒に摂れるし、オリゴ糖は善玉菌のエサとなるので腸内環境が良くなります。

乳酸菌はサプリでもよいので毎日摂取しましょう。

これらの原因を把握する事、そして対策する事で便秘の症状はかなり改善されるのでまずは試してみて下さい。

程度別

便秘 軽め 便秘 慢性 便秘 重度