でる美

便秘になると下剤を使う人が多いけど、どんなものなの?

うんぴーちゃん

下剤には種類があって、機能によって刺激性下剤と機械性下剤に分けられてるんだ。

刺激性下剤は、腸を刺激し排便を促すタイプの下剤で、

機械性下剤は、便に対して、かさを増やしたり、軟らかくして排便を促すものなんだ。

でる美

出すためのアプローチが違うってことね

刺激性下剤の種類 機能と副作用

うんぴーちゃん

では、刺激性下剤から説明していくね。

刺激性下剤の仕様成分はアントラキノン系の下剤が主流で、生薬だとアロエ、センナ、大黄がこれにあたり特徴として即効性はあるんだけど、腸壁が黒くなったり、依存症になるなど副作用も強いのが特徴だよ。

でる美

メリットが大きいけど、副作用も大きいのが特徴ね

大腸刺激性下剤

機能:大腸に刺激を与えてぜん動運動を起こして便を出す。(市販の下剤)

副作用:長期間使用すると大腸メラノーシスを起こし、機能低下を招く。

小腸刺激性下剤

機能:小腸に刺激を与え排便を促す。ひまし油やオリーブオイルと似た働きをする。

副作用:大腸刺激性に比べると副作用が少ない。

機械性下剤の種類 機能と副作用

うんぴーちゃん

機械性下剤は人体に作用するのではなく、便自体に作用し排出を助ける薬なので刺激性に比べ体への負担が少ないのが特徴だよ。

でる美

効果は緩慢だけど副作用も強くないってことね。

塩類下剤

機能:便の浸透圧を上げ、便の水分が吸収されるのを抑えて便を軟らかくする。

副作用:副作用が少ないが、腎臓に障害がある人は使用に注意が必要。

糖類下剤

機能:腸内の水分を増やし便を軟らかくする。胃や腸で吸収されにくい糖類が主成分。

副作用:副作用が少なく、子供の便秘にも用いられる。

膨張性下剤

機能:水分を吸収して便のかさを増やして軟らかくする。

副作用:お腹が張るなどの副作用がある。

浸潤性下剤

機能:便に薬の成分が浸潤して便を軟らかくする。

副作用:副作用は少ないが日本ではあまり使用されていない。

うんぴーちゃん

下剤を乱用すると、下剤依存に陥る可能性あるけど便がどうしても出ず苦痛がある場合は排便を手助けするためには有効だね。

成分の特徴と副作用

でる美

ひどい便秘でお腹が張って、痛みも出て、ひどい人だと救急車で運ばれる人もいるみたいね。

うんぴーちゃん

どうにもならない時には便秘薬を利用するのも1つの方法だよね。

ただ、便秘薬は色々な種類があるので、

・どんな種類があるのか

・副作用などはあるのか

などを確認して選ぶようにすると良いよね。

アントラキノン系

うんぴーちゃん

この成分は一般的に出回っている便秘薬の多くがこのタイプに当てはまるんだよ。

アントラキノンという成分が腸を刺激してぜん動運動を起こすんだ。

でる美

さっき説明した刺激性のものね。

うんぴーちゃん

センナやアロエ、大黄といった生薬から作られているから安心だと思う人が多いかもしれないけど、長期間、服用する事で薬に含まれているのメラニン成分が影響して「大腸メラノーシス」という腸壁が黒くなる状態になるんだよ。

でる美

腸が真っ黒ってなんだか怖い。

うんぴーちゃん

常用すると、依存症になったり腸が弱り便秘が悪化する可能性もあり長期服用をしないように気をつけなければいけないね。

でる美

副作用が怖いけど、出なくて苦しんでる人には即効性が欲しいものね。

うんぴーちゃん

効果はすごくて、急に腹痛を伴う便意が出るなど、効果はかなり強めだといえるよ。

でる美

副作用を受けても即効性を求めてる人向けね。

うんぴーちゃん

ただ、痙攣性便秘の人は念のために使用しないほうが良いよ。

ジフェニルメタン系

うんぴーちゃん

こちらも腸内に刺激を与える事によって排便をきたす便秘薬の成分なんだ。

ここ最近登場した便秘薬で効き目はソフトな方で、ビサコジルなどが当てはまるよ。

でる美

副作用もソフトで、効果もソフトというわけね。

うんぴーちゃん

だけど、刺激性の便秘薬なので、痙攣性便秘の人は控えた方が良いとされるんだ。

でる美

効果がソフトでも、副作用が少ない方が良い人向けね。

うんぴーちゃん

比較的副作用の心配は少ないけど、胃腸の疾患、糖尿病などの疾患がある方は念のために医師に相談の上で使用するかを判断したほうが良いね。

塩類下剤

うんぴーちゃん

酸化マグネシウム、クエン酸マグネシウムなどを使用した便秘薬で、浸透圧を利用する事で便の水分量を増やす事ができ、排便をスムーズにするんだ。

でる美

さっき説明した機械性の方ね。

うんぴーちゃん

腹痛も起きないし、習慣化する心配もないんだよ。

でる美

効果もゆるやかだけど、副作用が無いのはうれしいね。

うんぴーちゃん

ただ、腎臓に疾患がある人は使用しないほうがよいよ。

湿潤性下剤

うんぴーちゃん

ジオクチルソジウムスルホサクシネート(界面活性剤)を利用した便秘薬で、便の中に水分などを取り込んで便を柔らかくすることで排便しやすい状態にするんだ。

でる美

これも機械性の方ね。

うんぴーちゃん

ただ、効果が低い傾向があるので、刺激性のある便秘薬と一緒になって製品化されている場合が多いんだ。

でる美

刺激性と一緒だと副作用を避けたい人は困るよね。

うんぴーちゃん

うん、だから飲み方によっては腹痛などの刺激性の便秘薬と似た副作用が起きる事もあるんだよ。

でる美

じゃあ、妊娠している人、授乳を行っている人は念のために使用を控えた方が良いのね。

うんぴーちゃん

そう、肝臓に疾患を抱えている人も使用を控えるようにしよう。

根本的な解決にはなりません

うんぴーちゃん

一般的に出回っている便秘薬はこのような種類に分かれますが、一時的に排便をきたすものであり、それによって便秘自体が解消されるものではないんだよ。

でる美

薬では根本的な解決にはならないのね。

うんぴーちゃん

自分で改善するべく生活、食事、運動を行う事で対策していくことしかなく、困った場合の一時的な対応策のひとつと考えて長期的には腸内環境を整える習慣をつけることが大切だね。