子供の頃は便秘で悩む事は少なかったのに、大人になってからは便秘がひどくて困っているという人もいると思います。

そのように考えると子供の頃は腸内環境が良いという事がわかりますよね。

なので赤ちゃんに関しては生まれてから暫くは便秘になるのはあまりないといわれています。

生まれたばかりの赤ちゃんの腸内細菌は善玉菌がとても多く、食事もミルクなので水分はしっかりと摂取しているという事になります。

この時期は特に便秘の心配はしなくても良いでしょう。

ただ、ミルクの量が少ないと便秘になる事もありますのでこの時期でも念のために注意してあげて下さい。

離乳食が始まるあたりに注意を!

これまでミルクばかり飲んでいるところに、離乳食をスタートさせると固形物を食べることになりますのでうんちの質がまた変わってきます。

ここで覚えておきたいのは離乳食を食べることにより水分量が減りがちになるので便秘になってしまう赤ちゃんがいます。

他にもいきまない事で便秘になる事もあります。

ちょっと便が固くなる事が原因でいきまなくなる事もあるようですが、おむつでかぶれてしまったり、うんちをした後の感触が嫌だからというのもあるようです。

赤ちゃんが出すサインを見逃さない!

赤ちゃんは便秘で苦しい状態になってもお母さんに伝える事が出来ません。

ちょっとしたサインをお母さんが見逃さないようにする事も大事です。

・すぐ泣くようになる

・お腹が張っている

・泣く原因が特に見当たらないけど泣き止まない

・ご飯を食べた後に吐く様になった

・排便のペースは赤ちゃんにより違います

赤ちゃんによって排便のペースが違うので1日出ないから便秘?というわけではありません。

普段から排便ペースやウンチの状態を把握しておくとよいでしょう。

赤ちゃんからのサインがあったらどうすればいい?

まず、病院に連れて行って診察してもらいましょう。

必要に応じて浣腸などをしてくれます。

まれに疾患が原因で便秘になる事もあるので診察はしてもらったほうが良いでしょう。

家でお母さんが出来る対処法

食事に食物繊維が入るように、そして水分量も少なくならないように工夫して下さい。

煮豆などは食物繊維が豊富、そして栄養もあるのでおすすめです。

後は排便時の不快な症状が起きないようにこまめにおむつを取り替えたりしてかぶれないようにしてあげましょう。

離乳食に切り替えることによって腸内環境も変化が出てきて便秘になる事があります。

お腹のケアの1つとしてオリゴ糖を使ったり乳酸菌飲料やヨーグルトなどを取り入れるのも良いですね。

赤ちゃんの便秘はほとんどのお母さんが経験するものです。

出来る範囲の対応でだいぶ改善されますので赤ちゃんの様子を見つつ、対応していって下さい。